ガラスコーティング剤の種類

このページでは、ガラスコーティング剤の種類と、その特性などを解説しています。

成分劣化が軽減する無機溶剤

無機溶剤とは、簡単に言えば水や二酸化炭素といった自然界の物質を使用した溶剤のことです。ガラスコーティングをする場合に、無機溶剤のコーティング剤であれば、空気中の水分と反応し常温で硬化、ガラス皮膜の形成が始まります。 硬化が完了すれば無機溶剤は皮膜に残りません。そのため、劣化に強く一度の施工で長期間効果が持続すると言われています。

ちなみにこの無機溶剤のコーティングは車よりも先に、トンネルや陸橋など建設工事の現場で使われるようになっているとのこと。本サイト内で紹介している商品の中では、スーパーピカピカレインが無機溶剤で、 この商品はガラス樹脂ではなく100%石英ガラスの皮膜になるという特徴があります。

劣化の原因となる有機溶剤

ワックスやポリマー系コーティング、そしてガラスコーティング剤のほとんどの商品は、施工直後はボディが輝き艶も出ていますが、時間の経過とともに効果が薄れてきますね。その一番の原因は、各商品の成分に含まれる有機溶剤です。

溶剤とは、簡単にいえば固体や液体などを溶かしておく液体のことで、有機とは、アルコールや石油由来成分などを指します。これらの物質は時間の経過とともに揮発する性質のため、その分、形成された皮膜が肉やせして隙間ができ、 そこに紫外線や酸性雨などの影響を受け、ガラス皮膜が劣化していくことになってしまうのです。

コストや使い勝手の良さなどから、ワックスやポリマー系コーティング、そしてガラスコーティング剤にも有機溶剤は広く使われており、そんな商品の中でも、他とは一線を画しているものが、先にご紹介した無機溶剤のガラスコーティング剤です。

成分が細かく異なるガラスコーティング剤

本サイトの「車のガラスコーティング剤を検証」の各ページでも述べていますが、一概にガラスコーティング剤と言っても、その種類は実に様々で、細かな違いがあります。 先にご紹介した有機溶剤と無機溶剤の違いをはじめ、それこそ商品の数だけ、種類があり、厳密にまったく同じ商品というものは無いと言ってもいいくらいだと思います。

例えば主役であるガラス成分についても、ガラス樹脂である場合もあれば、繊維である場合もあります。またコーティング剤に不可欠である化学成分にも、代表的なフッ素やケイ素を筆頭に実に様々な物質が使用されています。 必ずしも正しいとは言えませんが、添加物が少なくガラス成分が多い方が高品質と言えるのではないかと思います。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ