バリアスコート

車用のガラス系コート剤「バリアスコート」の特徴などを紹介しています。

樹脂・塗装・金属に使用可能なガラスコーティング剤

バリアスコートは、数々の自動車用品を開発してきた株式会社和光ケミカルが販売している、車用のコーティング剤です。

ガラス系ポリマーが配合されているため、ガラス系コーティング剤に分類されますが、使える範囲が幅広く、樹脂や塗装、金属に使用可能。車やオートバイのボディは勿論、ホイールやレンズ類、樹脂部分やヘルメットなどに対応しており、 それらに対する洗浄・保護・コートの3つの効果が期待できます。

施工後の仕上がりは、持続性のある光沢に評判があります。高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現、深みのある艶を形成します。ハイブリッドコーティングの持続力は、最長6ヶ月。 コーティング後のメンテナンスは非常に簡単で、水洗いだけで光沢を保持できます。

ポリマーによる強力な洗浄力

特徴は、多用途な点だけではありません。配合されている成分による効果で、強力な洗浄力を備えています。

ポリマーが汚れを浮き上がらせ、素材に優しい特殊ハイドロカーボン系洗浄剤と界面活性剤が油汚れを強力に洗浄。グリース、タイヤカスから虫まで簡単に洗浄できます。中性でコンパウンドを使用していないので、樹脂へも安心して使用できます。 また、水洗い洗車後、スプレーして拭き取るだけの簡単施工で、水が残っていても施工できます。

さらに、撥水力の高さも評判のようです。バリアスコートを使用した人の声で多いのが、「バリアスコートの施工後、雨の日でもボディに水が張り付きずらくなった」という意見。施工した部分に溜まった水は水滴状になるため、 水垢になりにくく、乾きやすいのです。

ツヤだけでなく、このような撥水効果まで6ヶ月も続くというのは、車の手入れになかなか時間が割けないような忙しい方にとって、嬉しいことですよね。

バリアスコートの使用方法、値段

バリアスコートの使用方法は、以下のようになっています。

1)あらかじめ洗車し、砂ぼこりや汚れを落してください。

2)本剤の適量を塗面に約30cm離して直接スプレー塗布してください。

3)乾く前に速やかに専用クロスまたはウェスでタテ・ヨコにまんべんなくすり込ようにして拭き上げてください。

4)拭きムラが発生したときは、専用のクロスまたはウェスに少し水を含ませて拭き上げてください。

この商品の愛用者の中には、簡単な手順を評価する人も多く、車体に水が残っていても施工できる点も魅力の1つだと思います。バリアスコートは、時間がない時や、施工を手軽に済ませたい時にぴったりのガラスコーティング剤です。

気になるお値段は、300mlで3,150円(税込み)となっています。

>>5つのガラスコーティング剤を選んで比較しています<<

この記事の関連のページ

このページの先頭へ