ウルトラグラスコーティング

「ウルトラグラスコーティング」の特徴などを紹介しています。

三菱など大手自動車メーカーの純正ボディコーティング。

  • 水弾き:低撥水性
  • 耐久性:5年保証(年1回メンテナンス必須)

ポリシラザンを原料にした低撥水性能を持つガラス系ボディーコート剤で、新車時に施工後、年1回の定期点検を受ければ、ボディの光沢を5年間保証してくれます。

保証期間中に樹脂部、ボディ表面に著しく劣化が見られた場合、無償で補修してくれます。

※ただし、年1回の定期点検を受けなかったり他社商品でメンテナンスを行ったりすると、保証対象外になってしまったりと条件があるので、施工をお願いする際は、きちんと詳細を確認したほうが良さそうです。

水で汚れを洗い流して塗装面を保護

施工後、形成されたガラス被膜が車の塗装面をしっかりと保護し、ボディの表面を低撥水性へと変化させます。 低撥水性とは、水を弾くのではなく逆になじませるような性質で大量の水で洗ったり雨が降るとボディに付着した汚れなどを自然と洗い流してくれます。

更に、酸化による劣化が起きにくく紫外線もカットするため、塗装面を色あせ・色ムラから防ぐこともできます。

ウルトラガラスコーティングの施工価格

ディーラーにもよりますが、大体46,000~81,000円程度のようです。

ただ新車登録3か月以降の車や、車の塗装状況によっては、上記に別途磨き料金が必要となる場合もあります。

このページの先頭へ