ガラスコーティング剤比較ランキング

このページでは、車のガラスコーティング剤でお勧めの商品を5つを選んで比較しています。

効果と耐久性で比較してみました

今回比較した内容は以下の3要素。

  • 素材
  • 効果
  • 耐久性

あくまで個人的な見解ですが、順位は以下の通りです。

【第1位】ピカピカレインプレミアム
ピカピカレインプレミアムの画像
価格:9,850円(25ml)
素材 完全無機質の100%ガラスコーティング剤。無機質の石英ガラス100%で、ポリマーや樹脂などの有機物を一切含まない。ガラス被膜がなんと硬度6Hなので傷も非常に付きにくくなる。
効果 小キズ程度ならガラス成分が塗装面に入り込んで見えなくなるため、新車のような輝きが蘇る。ボディのツヤが長期間持続し、水アカが付きにくい上に、ひびわれなどの酸化・劣化現象もが起こりにくい。
耐久性 約3年数あるガラスコーティング剤の中でも最長クラス。また、一度塗ってしまえばワックスがけをする必要もない。
販売サイトURL http://pikapikarain.jp/

【メリット:3年間も効果が持続】「大阪市立工業研究所」が実施した試験により、3年間の耐久性が証明されています試験データはこちら>>)。いわゆるガラス繊維系のコート剤とは異なり、劣化原因の有機溶剤を一切含まない、正真正銘のガラスコーティングを実現しているのはこちらの商品ぐらいではないでしょうか。ガラス繊維系と比べ、多少は施工の手間がかかるものの、3年間ノーワックスでメンテナンス不要なことを考えれば充分割りに合うと思います。

【第2位】グラスガード
総合評価
グラスガードの画像
価格:5,900円(140ml)
素材 反応型シラン化合物の使用により厚く硬い強密着のガラス状透明被膜を形成する。
効果 専用の硬化促進剤を必要とするが、膜内に撥水基が組み込まれているため雨水にも強い
耐久性 約6月:コーティングの層が厚く、トルエンなどの有機溶剤を含む商品としては比較的長持ちする。
販売サイトURL http://www.willson.co.jp/

【メリット:雨水に強い】ガラス皮膜が比較的厚いのが特徴で、分子構造にも工夫を加えて撥水性を高めています。ただ、有機溶剤も多く含まれているため、耐久性の面にやや難ありと言えます。シラン化合物使用で2液式という個性的な商品ですが、ダークカラー用とホワイト・ライトカラー用があり、車の塗装色によって使い分けが必要となります。また ボディ以外への使用は不可となっています。

【第3位】クリスタルガードワン
総合評価
クリスタルガードワンの画像
価格:7,800円(200ml)
素材 ガラス繊維系コーティングで酸化鉛を添加したガラス繊維に、セルロースやフッ素、ケイ素などを配合したもの。
効果 セルロースなどの有機物を含むため、若干結合力は劣るが一般的なガラス繊維系よりは強固
耐久性 約6ヶ月:クリスタルガラスの光沢を維持するためには定期的な重ね塗りが必要。
販売サイトURL http://www.crystalguard.jp/

【メリット:樹脂パーツ類の施工も可能】ガラス繊維系の中では品質の高い商品です。ウッドパネルやプラスチック類にも使用できます。また、公式サイトなどでは塗り重ねることで輝きが増すとPRしており、“皮膜を育てる”というコンセプトのもと、6ヶ月ごとの施工を推奨しています。

【第4位】アクアクリスタル
総合評価
アクアクリスタルの画像
価格:1,800円(112ml)
素材 ケイ素とフッ素が化学変化してガラス繊維が車体に定着する、ガラス繊維ケイ素系コーティング剤。
効果 成分中に界面活性剤(洗浄剤)を含むため、汚れが付きにくい。既にポリマー系のコーティングを施したボディの上に塗り重ねれば、ポリマーコートをメンテナンスする効果も生まれる。
耐久性 約3ヶ月:ケイ素とフッ素の化学反応で、ボディにガラス繊維を密着させる仕組み。持続期間のうちは、水洗いだけで汚れが落ちる状態が保たれるとのこと。
販売サイトURL http://www.aquacrystal.co.jp/tokuchou.html

【メリット:汚れに強い】衣類用の洗剤などにも含まれている成分が配合されているため、汚れに強いのが特徴です。普通の洗車と同じような感覚でコーティングを行えるので、作業の簡単さという点ではイチオシの商品です。またコストパフォーマンスが高いのも嬉しい点。1週間程度間隔をあければ、何度でも重ね塗りが行えます。

【第5位】ブリスエックス
総合評価
ブリスエックスの画像
価格:7,140円(280ml)
素材 シリコンフッ素系コーポリマーにガラス繊維とセルロース繊維を配合。ガラス成分とポリマーのダブルコートによって、コーティング力を発揮する。
効果 ポリマー成分が比較的多いため、施工当初は艶がよく出る。ガラスとポリマーのダブルコートを可能にしている。
耐久性 約9ヶ月:ただし、専用トリートメント剤でのメンテナンスが必要。
販売サイトURL http://www.bliss.ne.jp/

【メリット:ツヤの発色が良い】成分的にはガラス繊維系というより、ポリマーとガラスのハイブリッドと言えます。それ故、施工直後の艶は素晴らしいものです。塗り伸ばしたら、直ちに水で流すのがポイントで、乾燥させる必要はない手軽さも魅力のひとつ。専用のコンデショナー(2,100円)を使い、洗車の要領でメンテナンスを行うことが推奨されています。

耐久性とメンテナンス性の良さが決め手

私がランキング1位に選んだのは「スーパーピカピカレイン」です。 各商品とも一長一短ありますが、やはりコーティング剤にとって最も肝要な“耐久性”の面で、頭一つ分抜け出た性能を示していたのが決め手でした。 まぁでも、“完全無機質ガラス”や“有機溶剤不使用”といった謳い文句よりも、まずは試してみてナンボといった部分もありますので、まずはチャレンジ。

スーパーピカピカレインを使ってみました

少し臭いがキツいのが気になりますが、思いのほか伸びが良くて塗りムラも心配ないようです。トルエンなどの有機溶剤を使用していないという割りに、まったく引っ掛かりもなく綺麗に伸びます。多少の凹みやキズを埋める効果もあるらしく、以前からあった洗車キズが綺麗になったのは嬉しい誤算でしたね。

ポリマー系と違って、ツヤはあまり期待できないと聞いていたんですが、この通り。“鏡面”といって良い仕上がりになったと思います。ピカピカレイン施工例

作業時間そのものも、けっこう休み休みやったにもかかわらず、1時間もかからなかったと思います。

ただ1点、注意しなければならないのは、完全に固まるまでの間は接触厳禁ということ。当たり前といってしまえばそれまでのことですが、この商品は非常に強固な膜を形成するため、指紋などが付くと、リカバリ作業が非常に面倒になります。コート層がボディにガッチリと密着するため、並大抵の剥離剤では剥がれません。まぁ、その分頼りがいのあるコーティング剤とも言えますが。

そんなこんなで、一応大事を取って、乾燥のために1日近く放置。そして、一つ試したいことがあったので、時期を待ちます。

と、思って雨を待ちわびたものの、晴天続き…。実は、このコーティング剤の耐水性能を試したかったんです。

普通、車の耐水加工というと、撥水処理を思い浮かべる人が多いと思いますが、この商品は逆に親水性を増すことで雨水などの汚れを回避するそうなんです。

親水性と撥水性コーティングの比較画像ようするに今までの商品は、ボディの表面で水を弾くように出来ているんですが、この水をきちんと拭き取らないと雨ジミとよばれる水玉状の汚れが残ってしまうんです。

それに対して、このピカピカレインでは、表面の平滑性を上げることによって、むしろボディに付いた汚れなどと共に雨水を受け流すことができるようになるそうです。

まぁ、そんな理屈はさておき、雨が降らないので、少し強引ではありますがホースで水をかけることにしました。

親水性コーティングの施工例結果は、ご覧のとおり。これはけっこう衝撃的でした…気味が悪いくらい滑らかに、ボディのラインに沿って水が流れます。普通、水をかければ飛び散るものですが、ボディの表面を柔らかい布で擦るように流れ落ちていきます。

この商品の名前の由来は、“雨水の力で洗車が出来る”というところから来ているそうですが、確かにこれほど表面に密着して水が流れるならば、車の風圧も手伝って、軽い汚れなら洗い流すことができるのではないかと思います。

残念ながら、まだ本格的な雨には遭遇していないんですが、最近では天気図に傘マークを発見するたびにちょっとウキウキしてしまう自分がいます(笑)。

>>耐水性などを検証した動画はこちら

ちなみに、ピカピカレインのシリーズには、「NEWピカピカレイン」という商品もあります。スーパーピカピカレインよりも多少お安いので、次回使ってみようと思います。

NEWピカピカレイン
総合評価
NEWピカピカレインの画像
価格:7,800円(60ml)
素材 完全無機質100%ガラス:スーパーピカピカレインと同じく、硬化後は、車の塗装面を本物のガラス質に変えてくれる。
効果 有機溶剤を含まないため、紫外線や酸性雨などによるダメージが極めて少ないのが特徴。光沢感でいえば、進化系のスーパーピカピカレインに軍配。
耐久性 約3年:こちらもスーパーピカピカレインと同じ。もちろん、3年間ノーワックスでOK。
販売サイトURL http://www.oasisjp.co.jp/04.html

最後に、私が使ったコーティング剤で惜しくもランキングに入らなかった商品も紹介しますね。

順位 商品名 料金
6位 ピンクダイヤモンド ピンクダイヤモンド30ml洗車職人のセット、3,465円
※自分でコーディングする商品でクロス・スポンジとセットになっている。
7位 ゴールドグリッター 濃縮タイプ、ゴールドリッター300ml4,700円
※自分でコーディングする商品。
8位 バリアスコート バリアスコートガラスコーティング剤300ml、2,330円
※自分でコーディングする商品でクロスとセットになっている。
9位 ゼロウォーター ガラス系の疎水系(弱親水)ゼロウォーター280ml2,700円。3回以上の重ね塗りでクリア層を厚くしたようなツヤツヤ具合になります。但し、ツヤには定評があるが、傷埋め効果はほとんど無いようです。
10位 TRIZ(トライズ) 超高性能ケイ素系コーティング剤、
TRIZ(トライズ)100ml3,150円
※自分でコーディングする商品。
11位 スーパーセラコート スーパーグラスコート剤、普通車13,800円
※自分でコーディングする商品。
12位 ダブルオンコート ダブルオンコート剤、9,800円
※自分でコーディングする商品。
13位 ハイブリットナノガラス ハイブリッドナノガラス「ゼウスβ」8,500円
※自分でコーディングする商品でクロスとセットになっている。
14位 プレストコート プレストコート100ml、9,800円
※自分でコーディングする商品でスポンジとセットになっている。
15位 G-hard G-hardコーティング50mlセット、3,580円
※自分でコーディングする商品でクロスとセットになっている。
16位 G’s shield G’s shieldガラス繊維系ポリマーコーティング剤200ml、3,129円
※自分でコーディングする商品。
17位 カーラック カーラック300ml、6,000円
※自分でコーディングする商品。
18位 リアルクリスタル リアルクリスタルコーティング剤80ml、2,980円
※自分でコーディングする商品でタオルとセットになっている。
19位 ファインクリスタル ファインクリスタルライト本液400ml、2,200円
※自分でコーディングする商品でクロスとセットになっている。

 

この記事の関連のページ

このページの先頭へ