クリスタルガードワン

このページでは、艶の発色が良いガラスコーティング剤「クリスタルガードワン」の詳細を解説しています。

クリスタルガラス繊維のコーティング

「クリスタルガードワン」は兵庫県に本拠を構えるクリスタルガード株式会社が手がけるガラスコーティング剤です。商品名および社名にもなっているクリスタルとは、一般的なガラスに酸化鉛を添加することでガラスの透明度と屈折率を高めたもの。

このクリスタルガラスの繊維にフッ素やケイ素といった添加物を加えて商品化したのがクリスタルワンということになります。それ故に、他社商品と比べるとコーティング自体がやや白っぽく見えると感じる場合があり、好みの分かれる部分かもしれません。

また、同商品は「常温クリスタル皮膜成型」という技術を元にしているそうです。コンピューター用のマクロチップを製造する際に電気が流れる部分にクリスタル皮膜でマスキングする技術を、クルマもボディコーティング用に応用しているとのこと。

「皮膜を育てる」という発想

同商品は、「一度施工すれば10年以上の耐久力がある」と主張していますが、同時に半年間隔での重ね塗りを推奨しています。少し矛盾しているように思えますが、これにはこの商品ならではの理由があります。 それは塗り重ねていけばいくほど、皮膜の輝きが増していくという点。劣化した状態を補修するのではなく、皮膜を育て成長させていくという発想からきているそうです。

もうひとつの特徴として、厳密に均一に伸ばさなくてもムラができにくいため、一般ユーザーでもさほど神経質にならず重ね塗りができるという点があります。ある意味、楽しみながらコーティングが行えるというわけですね。

また、撥​水​を​超​え​た​疎​水​性​被​膜​な​の​で​、​雨​や​水​道​水​も​膜​状​に​し​て​流​し​て​し​ま​い​ま​す​。​水​玉​が​ボ​デ​ィ​に​残​っ​て​シ​ミ​に​な​る​事​は​あ​り​ま​せ​ん​。 さらには、クルマのボディ​だ​け​で​な​く​、​ア​ル​ミ​、​ウ​ッ​ド​パ​ネ​ル​、​ク​ロ​ー​ム​、​プ​ラ​ス​テ​ィ​ッ​ク​に​も​使​え​ま​す​。​特​に​、​ホ​イ​ー​ル​に​施​工​す​る​と​ブ​レ​ー​キ​ダ​ス​ト​が​水​だ​け​で​洗​い​落​と​せ​る​よ​う​に​な​り​ま​す​。

使用方法と価格

同商品は湿式施工タイプとなっており、まず洗車を行い、水分がボディ表面に残っている状態にします。そのうえで本商品を吹きつけて塗り伸ばし、再度水で流したのち、水分を拭き取れば完成です。 気になるお値段は200mlボトル単体で7,800円。このほか専用スポンジや専用クロスとセットになっているものも用意されています。

>>各種コーティング剤を比較しています<<

この記事の関連のページ

このページの先頭へ