フロントガラスの撥水コーティング法

このページでは、フロントガラスの撥水コート法を紹介しています。

雨天時にも良好な視界を確保

フロントガラスについた雨水を弾く撥水用のケミカルは、すっかりお馴染みになっていますね。それこそカー用品店やホームセンターに行けば、容器とスポンジが一体化されていて、簡単にさっと塗れるタイプのモノがよく売られています。 このタイプの撥水剤は手軽にぬれて価格も手ごろ、塗った直後であれば、走行風が雨を水玉状にして弾いてくれます。

しかし、実際に使用したことのある方ならご存知だと思いますが、効果の持続時間が短いというデメリットがあります。もってせいぜい数時間で、その後は施行前と同じ状態に戻ってしまいますね。

どうせするなら、しっかりした撥水効果が長期間持続するタイプの商品を選びましょう。施工の手間はそれなりにかかりますが、一度やってしまえば確かな効果を発揮し、いつ雨が降っても安全性を保つことができます。

まずは念入りに下準備

ボディへのコーティングの場合と同じく、まずは洗車をしてフロントガラスの汚れをしっかり落とします。中性洗剤で水アカやホコリをしっかりと落としてください。目に見える汚れが落ちたら、ガラス表面を触ってみてください。 ザラついた感じがするようであれば、目に見えない汚れがまだ付着している証しです。市販の粘土クリーナーを使って除去しましょう。この時は水分を補いながら行うのがポイントです。汚れが落ち表面がツルツルになったら、下準備の第2段階へ。

コーティングを行うガラス面以外の部分をしっかりとマスキングし、油膜除去剤を使用してガラス表面に付着している油膜をしっかり落とします。油膜とは文字通りガラスに付着した油分で、雨にぬれるとギラギラして視界の妨げとなり、危険です。 そればかりでなく、この工程を怠るとせっかくの撥水効果が半減してしまいますので、念入りに行ってください。

ガラスの油膜落としをする場合、塗装面へのコーティングと違い、しっかり力を入れて行うのがポイントです。以上で下準備は完了になります。ちなみにフロントガラス以外のリアガラスやサイドウインドウに施行する場合も、手順は同じです。

コーティングの実践

いよいよガラス用撥水コーティング剤の塗布を行います。と言っても難しいことはありません。基本的には商品の説明書に従って作業をすればOKです。コツとしては、ボディへコーティングする場合と同様に、40cm四方程度の広さごとに行い、 なるべく薄く塗り伸ばすことがポイントです。

塗り終えたら、説明書の指示に従って時間を置き、乾拭きなどの処置を行います。柔らか素材のクロスを使用するとよいでしょう。最後にマスキングテープを剥がせは完了です。なおコーティング剤が一緒に剥がれないよう、 ゆっくり静かに剥がしてください。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ