ホイールのコーティング法

このページでは、ホイール部のコーティング方法などを解説しています。

効果の大きいホイールへのコーティング

車に詳しい方ならご存知かと思いますが、ホイールにはボディ以上に絶えず汚れが付きまといます。雨や泥などの付着はもちろんですが、それら以上にホイールならではのやっかいな汚れに悩まされますね。 その正体とは・・・そうブレーキパッドのカスです。

多くの方が経験していると思いますが、こびりついてしまったブレーキパッドのカスは、普通の洗剤とナイロンブラシで擦ってもなかなかキレイに落ちてくれません。そこで効果的なのが、ホイールへのガラスコーティングです。 施工前と施工後では、汚れの落ちやすさに大きな違いが出ます。

なお、商品によってはアルミへ使用出来ないモノや塗装面以外使用不可のモノもありますので、事前にしっかり確認しておいてください。

まずは汚れを徹底的に除去

ガラスコーティングを行う前に、ホイールを徹底的に洗浄して汚れを完璧に落としておく必要があります。まずは洗剤とブラシを使用して泥などの汚れを落とします。 同時に、タイヤハウス内も洗っておきましょう。タイヤハウス内にはシリコンスプレーを吹きかけておくと汚れが付着しにくくなります。

次に厄介者のブレーキパッドダストを落とします。この時、間違っても金属性ブラシなどではこすらないでください。高価なホイールがキズだらけになってしまいます。

代わりに、各種クリーナーを使って落としましよう。「ブレーキダストリムーバー」や「アイアンリムーバー」と呼ばれるスプレー式の鉄粉除去剤をカー用品店などで入手して使用してください。

スプレーしてしばらくすると、汚れが浮き出てきますので、柔らかいブラシで丁寧に落とします。狭い場所は歯ブラシ、それでも入らなければ綿棒を使用すると良いでしょう。 なお吹きつけたまま放置するとシミになる恐れがありますので、1本ずつ行うようにしましょう。汚れが流れ落ちたら再度水をかけ、クリーナーの成分をしっかりと落としてください。
 

ホイールをコーティング

使用する商品が乾式タイプの場合は水分をしっかり拭き取ってください。細部などはパソコン用エアスプレーなどで水分を吹き飛ばすのも効果的です。湿式タイプの場合は濡れたまま作業します。

1.なるべく薄く

コーティング材は薄く塗り伸ばすこと。沢山塗っても効果は変わりません。ホイール1本につき4~5mlも塗れば十分です。

2.ブレーキディスクに注意

コーティング剤がブレーキディスクに垂れないよう注意してください。ブレーキの効きが悪くなる場合があります。スプレー式の場合は一旦スポンジやクロスに吹きつけてから塗るとよいでしょう。

3.拭き上げはしっかり

塗布後に説明書に従って拭き上げを行います。拭き残しがあると白濁や垂れた状態で固まってしまうので、しっかりふき取ってください。なお、繰り返しますが、商品によってはアルミ使用不可のモノもありますので、必ず作業の前に確認してください。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ