キズが付きづらい洗車方法

このページでは、意外と知らない正しい洗車方法などを解説しています。

洗車方法、間違っていませんか?

いわゆるカーマニアや車好きな人間の間では、洗車に関して“常識”となっていることがあります。もちろん、本サイトをご覧になっている方は当然ご存知とは思いますが、万一知らない方のためにお伝えしておきます。 それは「愛車を大事にするなら、自動洗車機にかけてはいけない」という常識です。

ガソリンスタンドや有料洗車場などに設置してある自動洗車機は、目には見えないレベルで、間違いなく車のボディをキズつけています。いわゆる「洗車キズ」です。高速でブラシを回転させ車体を洗うのですから、 当たり前の話なのですが、意外と知らない人が多いのに正直驚きます。ご存知なかったという方は、ぜひ、今後の使用はやめてください。

愛車を傷つけないで洗車する方法は手洗いに限ります。とは言え、「私は洗車を手洗いで行っています」という方の中にも、実は誤った方法で洗車しキズをつけてしまっている場合も多いのです。 それでは、洗車機にかけているのと同じにことになってしまいます。正しい洗車方法をご紹介しますので、今一度お確かめださい。

まずはタイヤから

洗車を行う時は、まずタイヤを一本ずつ洗うことをお勧めします。その際、ボディにはまだ水をかけないでください。日差しが強い場合は特に注意が必要です。何故なら、 タイヤを洗っている間にボディの水滴が凸レンズの役割を果たしウォータースポットと呼ばれるシミを作ってしまうからです。中でも撥水性ガラスコーティングやワックスをかけてある車両はご注意ください。

タイヤは洗剤で側面の汚れを落とし、ホイールはブレーキダストリムーバーやアイアンリムーバーなどを使用して鉄粉などを除去します。

基本は上から下へ

タイヤを洗い終わったらボディに取り掛かります。いきなり洗剤をつけて擦るのではなく、まずは屋根から水をかけ、付着しているホコリや汚れを浮かせて流していきます。ホコリなどが付着したまま洗剤をつけて洗ってしまうと、 洗車キズの原因になるからです。十分に水を流し汚れを浮かせたら洗剤で洗います。

使用する素材として一番のお勧めは超極細繊維でキズが付きにくい「マイクロファイバークロス」です。用意できない場合は、なるべく柔らかいスポンジを使用しましょう。 一方ナイロンブラシや目の洗いスポンジは塗装面にダメージを与えてしまうため御法度です。
ボディの洗車も屋根から下に向けて洗っていきます。ゴシゴシ擦るのではなくやさしく丁寧に洗ってください。洗い終わったら、十分に水を流し洗剤が残らないようにしてください。

最後は水分の拭き取りですが、ここでモタモタするのはもっての外です。先にご紹介した通り、ウォータースポットのシミが出来てしまう恐れがあるためです。吸水性に優れたウェスで素早くふき取ってください。 カー用品店などに売っている専用クロスならを吸水力も強く、あまり擦らずに拭き取れます。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ