モールコーティング剤の上手な使い方

このページでは、モールコーティング剤の上手な使い方などを解説しています。

白くくすんでしまった樹脂パーツに・・・

車にはボディやホイール以外にも、ガラスコーティングが有効な部位があります。それは樹脂製パーツです。タイヤハウスの曲線部分を覆っているモールや、フロント及びリアのバンパー、ドアミラーの鏡でない面、 タイヤのフェンダーやサイドスカート、ワイパー周辺やフロントグリル周辺、さらにはプラスチック製のウインカーカバーやヘッドライトカバー、テールランプカバー、リアガーニッシュなどがコーティングを行える場所です。

1台の車を長年使用している方なら経験があると思いますが、これらのパーツは経年劣化していきます。特に、艶消しの黒い樹脂で成形されたパーツは白っぽい汚れが付着したように見えていまい、 ワックスを塗ったとしても白く残って、なんとも見栄えが悪い感じになってしまいます。

ボディやホイールをガラスコーティングするのと同じように、これらの樹脂パーツもコーティングしてしまいましょう。艶が戻るのはもちろんですが、水を弾くようになり、夏場は羽虫なども付着しにくくなります。 また紫外線による樹脂へのダメージを防ぐこともできますので、施工しない手はありません。

商品選びについて

市販のガラスコーティング剤にはモール専用とされているモノがあり、それを選べば間違いはありません。但し、車のボディ用のコーティング剤でもプラスチックや樹脂にも使用可能と表記されていれば、間違いなく使用できます。 逆に、プラスチックや樹脂への使用不可とされているモノは、使用厳禁です。パーツそのものにダメージを与える可能性があり、それこそ本末転倒です。

洗浄してからコーティング

樹脂やプラスチックパーツの場合も、基本的にはボディと同じ施工方法となります。注意点は洗浄の段階でワックスの成分をしっかり落とすこと。これを怠ると、白いくすみが残った上からコーティングすることになります。 市販のパーツクリーナーなどでワックス成分を落とした上でカーシャンプーや中性洗剤で洗えば万全です。

キズがある場合は予め目立たなくしてからコーティングするとより効果的です。詳しくは「車のボディの傷やシミを取る方法」のページを参照してください。

コーティングする以外の部分はマスキングしておくことをお勧めします。仮にコーティング剤がはみ出た場合でもすぐ拭き取れば問題ありませんが、うっかり忘れるとその部分だけダマになって固まった状態となってしまいます。 ちなみに、塗布後にマスキングテープを剥がす際には、ゆっくり静かに剥がしてください。勢いよく剥がすと、せっかくコーティングした部分が一緒に剥がれてしまう場合があります。

塗る際のポイントとしては、ボディの場合と同じくなるべく薄く塗り広げることです。また水に濡れたまま塗るか、乾かしてから塗るか、塗ったあとどのタイミングで拭き上げるかは商品によって異なりますので、説明書を確認してください。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ