VS ザイモール チタニウム

ここでは、当サイトがおすすめする車ガラスコーティング剤「スーパーピカピカレイン」と、カーワックス「ザイモール チタニウム」を比較しています。効果や使い勝手の良さなどを比べたので、参考にしてみてください。

「ザイモール チタニウム」VS「スーパーピカピカレイン」

ザイモール チタニウム(14,200円)
ザイモール チタニウム
▼公式サイト▼
http://www.045-car.com/
 
V
 
S
スーパーピカピカレイン(8,800円)
スーパーピカピカレイン
▼公式サイト▼
http://www.oasisjp.co.jp/04.html
LOSER… WINNER!
最高級のブラジル産カルナバ蝋を51%も含有し、みずみずしい潤いのある光沢と鏡面のような仕上がりにしてくれます。 また、塩酸と樹液に対する耐久性に優れ、全ての塗装タイプと色に適しています。
ただ、推奨する下地処理関連のアイテムが多く、全てを取り揃えることは難しいでしょう。艶と光沢感を得るためには、乾拭きを多めにする必要があり、メーカー推奨にこだわると手間がかかってしまいます。
ガラスコーティング剤であるスーパーピカピカレインを使用すれば、下地処理は市販品で充分です。そのぶん、施工後のメンテナンス・アイテムに予算をさけるので、コーティングも効率的に行えます。
また、乾拭きの手間もありません。施工から3年間はコーティングの効果が持続するので、予算・効率の両面からみて、スーパーピカピカレインに軍配が上がると私は判断しました。

ザイモール チタニウムの特徴と使い方

Zymol(ザイモール)製のワックスは、ブラジル産高級カルナバ蝋を30~70%含有し、カルナバの中からわずか2割しか採取できない、純度100%の最高級グレードを使用しています。

しかも、独自のブレンド技術を駆使して、一般的なカーワックスの約10倍の濃度の含有を達成しています。

ザイモール チタニウムは、カルナバの他、モンタンオイル、プロポリス、ココナツ、アロエなどの天然素材との組み合わせで、非常に扱いやすいワックスに仕上がっています。また石油系溶剤等を一切含まないので、あらゆる塗装に対しトラブルが発生することはありません。

使い方

まず、汚れを落とすため洗車や下地処理を行います。ザイモールクリアを使い、埃、砂や汚れを洗い落とし、水分を充分に拭き取ってください。

肌が弱い人は素手での施工は避け、専用のワックスアプリケーターを使うのがベスト。また塗り終わった後は、速やかに手を洗ってワックスを落として下さい。

  1. ワックスを手のひらに少量乗せ、両手で温めながら柔らかくなるまで待ちます。
  2. 柔らかくなったら、両手を使って薄く、軽く、そして均等に塗ります。約50センチ四方のブロックに分けて、縦横と直線的に塗ってください。
  3. 30~40秒ほど放置してから、ザイモールマイクロワイプを使って拭き取ります。
  4. 仕上げに、きれいなマイクロワイプを使い、力を加えず軽く磨いて下さい。
  5. 3~4時間経つと、成分であるカルナバ蝋が完全に塗装面に定着しますので、再度きれいなザイモールマイクロワイプを使って軽く磨きます。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ