VS シュアラスター ブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラ

ここでは、当サイトのランキングで1位に挙げた車ガラスコーティング剤「スーパーピカピカレイン」と、カーワックス「シュアラスター ブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラ」の効果や使い勝手を比べてみました。

「シュアラスター ブラックレーベル SEF」VS「スーパーピカピカレイン」

シュアラスター ブラックレーベル SEF
(5,250円)
シュアラスター ブラックレーベル SEF
▼公式サイト▼
http://www.surluster.jp/
 
V
 
S
スーパーピカピカレイン(8,800円)
スーパーピカピカレイン
▼公式サイト▼
http://www.oasisjp.co.jp/04.html
LOSER… WINNER!
艶・光沢を重視したブラックレーベルの最高峰。艶・光沢は固形ワックスの中でも高い評価を得ています。効果は1ヵ月ほど持続します
実際に使ってみると、塗ったあとの拭き取りタイミングが難しく、時間が経つと重くなってくるので、急いで拭き取らなくてはなりません
また、より見栄え良く仕上げるには、ワックスを塗り過ぎず薄塗りを心がけることが重要となります。
ガラスコーティングのスーパーピカピカレインの場合、揮発性の高い液体なので、拭き取りのタイミングや分量等で苦労することはありません
また、施工後3年間はコーティングされている状態が保たれるので、耐久性の面でも申し分なしです。
値段的にブラックレーベル SEFよりやや高めですが、総合的なコストパフォーマンスはスーパーピカピカレインに軍配が上がると私は判断しました。

「シュアラスター ブラックレーベル スーパーエクスクルーシブフォーミュラ」の特徴と使い方

シュアラスターは、1949年アメリカ西海岸で設立され、自動車の普及とともに全米でも有数のワックスメーカーに成長した会社です。

1960年代に日本で発売されたシュアラスターは、プロのドライバーを中心に人気を博し、多くの輸入車の純正ワックスとしても採用されました。現在も、知名度の高いブランドです。

まさにカーワックスの歴史を作ってきたシュアラスターですが、その中でも最高峰としてラインナップされているのが、ブラックレーベルです。

そのブラックレーベルから発売されたSEF(スーパー エクスクルーシブ フォーミュラ)は、厳選された最高級のカルナバ蝋を高濃度含有しており、徹底的に艶にこだわったカーワックス。抜きんでた光沢感は、シュアラスターワックスの集大成といわれています。

使用方法

まず、汚れを落とすため洗車や下地処理を行います。ワックスの使用については、洗車の水分が乾いた状態、濡れた状態どちらでも作業できます。

  1. 付属のスポンジにワックスを適量付け、ボディにムラなく縦横に薄く塗り広げて下さい。
  2. ワックスが乾き始めたら拭き取って下さい。塗ったまま放置すると拭き取りが困難になる他、シミ、色ムラの原因になりますので、乾き始めたら速やかにきれいなクロスやタオル等で拭き残しがないように拭き上げて下さい。
  3. 使用後は、ワックス成分の揮発や乾燥を防ぐ為に容器を密閉して保管し、石けんで手をよく洗って下さい。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ