VS 驚輝・改

ここでは、当サイトで一押ししている車ガラスコーティング剤「スーパーピカピカレイン」と、カーワックス「驚輝・改」の効果や使い勝手を比較しています。

「驚輝・改」VS「スーパーピカピカレイン」

驚輝・改(7,800円)
驚輝・改
▼公式サイト▼
http://www.dinos.co.jp/
 
V
 
S
スーパーピカピカレイン(8,800円)
スーパーピカピカレイン
▼公式サイト▼
http://www.oasisjp.co.jp/04.html
LOSER… WINNER!
コーティング剤を塗る作業が洗車感覚でできるので、メンテナンスは非常に簡単です。洗浄能力も高く、 コンパウンドを含まれていないため塗装面を痛めることがないのも高評価です。効果は12ヵ月ほど持続します。
ただ手軽なぶん、施工時は艶感があるのですが、1ヵ月もするとかなり薄れているように感じました。 ツヤや光沢も重視するのであれば、2~3ヵ月毎に塗り替えるのが効果的です。
スーパーピカピカレインも洗車後に乾かさなければなりませんが、施工自体は「驚輝・改」同様、手軽で簡単です。
加えて、こちらはガラス系ではなく、完全無機質の石英ガラスで皮膜するガラスコーティングです。紫外線や酸性雨などから守るガラスコーティング保護膜は約3年間持続し、ツヤも長続きします
こうした点を踏まえて、総合的にはスーパーピカピカレインに軍配上がると私は判断しました。

「驚輝・改」の特徴と使い方

通信販売大手ディノスのオリジナル商品として、発売以来3か月で4000本以上を売り上げ、その後15,000本以上の販売実績を誇ったガラス系カーコーティング剤「驚輝(おどろき)」の改良版です。

ディノスだけの限定モデルのため、店頭での販売は一切していません。成分はオルガノシラン、珪素樹脂、マイクロワックス、界面活性剤、溶剤、I.P.A等が含まれています。

使用方法

まず、汚れを落とすため洗車を行います。その時に付着しているホコリや汚れを落として下さい。

  1. 車体を濡らした状態で驚輝・改をスプレーします。
  2. 付属の専用クロスで塗り伸ばしながら、水気を拭きあげていきます。
  3. 各パーツごとに繰り返すことで、車全体を仕上げていきます。

この記事の関連のページ

このページの先頭へ